【感想】『ドラゴンボール超』第123話「全身全霊全力解放! 悟空とベジータ!!」 - アニメ感想

【感想】『ドラゴンボール超』第123話「全身全霊全力解放! 悟空とベジータ!!」

tenです。

今回は『ドラゴンボール超』123話の感想です。
追記から御覧ください。
前回は 第7宇宙VS第11宇宙 の決戦がついに始まり
第11宇宙のエース・ジレンにベジータが果敢に攻めて行きましたが
決死のファイナルフラッシュすらも歯が立たずズタボロに…。

そして今回はそんなベジータの仇討ち、悟空VSジレンの幕開けです。
悟空はベジータ同様超サイヤ人ブルーになりジレンへ攻めていきますが
ジレンの力の強大さはすでに把握しているため、様々な手段を用います。
四方八方から攻撃するフリをしてジレンの足元へ気で地雷を仕掛けたり
大会前に行なった悟空VSクリリンでクリリンが仕掛けた 気円斬6枚刃
ジレンの足場を崩したりとテクニカルに攻撃していきました。

悟空の攻めに少しずつ余裕をなくしたジレンは悟空の力を認め少しずつ本気に。
そんな中、ジレンの一撃を食らい瀕死だったベジータが立ち上がり
ついに 悟空&ベジータVSジレン が現実に!!
おいおいジャネンバ戦か?クウラ戦か?もうワクワクが止まらねえ状態です。

ベジータは消えてしまった第6宇宙サイヤ人・キャベとの約束のため新たな力を解放。
超サイヤ人ブルーの正統進化・超サイヤ人ブルー2を目覚めさせました。
これまで悟空の後追いばかりだったベジータが今回悟空と違う形態に進化したという事は
個人的に嬉しすぎて 「っしゃオラァ!」 でした。(語彙力)

超サイヤ人ブルー界王拳10倍の悟空
超サイヤ人ブルー2のベジータ

VS
ジレン


今までジレンが圧倒してきましたが、少しは戦況も変わるのでは?

次回は場面が変わりディスポVSフリーザが進展するようで悟飯が参戦。
ヒットをも倒した強敵なのでここは悟飯の見せ場に期待!
忘れられていますが悟飯は第7宇宙リーダーに指名されていますからね!
このままじゃ終わんないよね!?(圧)

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ