【感想】ドラゴンボール超第127話「迫りくる障壁! 希望を託した最後のバリア!!」

tenです。

今回は『ドラゴンボール超』第127話の感想です。追記からご覧ください。
前回第126話でベジータがトッポを打ち負かし相手はいよいよ ジレン のみに。
武舞台上には 悟空、ベジータ、17号、フリーザ が残っていますが
悟空とベジータは疲弊、17号はダメージ大、フリーザはほぼ瀕死状態と
さほど数のアドバンテージは無いように感じます。

そんな中で今週は17号が奮闘。ここまでかなりのエネルギーを使いましたが
気を消費しない人造人間という利点を活かし格上のジレンへも立ち向かう姿は正に感動。
悟空、ベジータ、17号3人がかりでも一筋縄では行かないジレンですが
17号が自分にもダメージが発生する程の至近距離でエネルギー弾をぶつけ
なんとかジレンに一太刀を浴びせることに成功。
しかし作戦もジレンの強大な力の前には通用せず3人も倒れ、
不意打ちを狙ったフリーザも返り討ち。エネルギーが切れない17号だけ何とか立ち上がり…

そんな中でジレンの回想が入りましたが個人的にはうーん…といった印象。
ジレンの強さの証明にはならず、ラスボスに果たして必要だったのかなと。
まぁそれはさておき。

ジレンの爆発せんばかりの大きなエネルギー弾で武舞台ごと破壊しかけましたが
17号が 自らの命を犠牲にし 悟空とベジータを生き残らせる胸熱演出。
17号本人も「人間くさくなった」と口にして散りましたが
原作の人造人間編の頃を考えると情に熱くなったなと思わされました。
これで武舞台上には悟空、ベジータ、フリーザとジレン。

次回予告、悟空とベジータは超サイヤ人になる体力も残っておらず
ベジータが1人フラフラのままジレンへ立ち向かい倒されてしまうように見えました。
自分的にはフュージョンしても良いんじゃないとか思ったりなんかしましたが
ベジータはやはり自分の意志で家族とキャベを守るため戦いを挑む。
次回はそんなベジータの姿に期待。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ten

Author:ten
25歳・フリーター。
犬も食わない男のメンヘラ。
このブログは何代目なのか、
何代目J Soul Brothersなのか。
そんな事も考えつつ
ぼちぼちとやっていきます。

Twitter
ホームページ

今期アニメ:
ドラゴンボール超
銀魂
七つの大罪
だがしかし
スロウスタート
三ツ星カラーズ

好きなもの:
JAM Project
スキマスイッチ
秦基博
BUMP OF CHICKEN
読売ジャイアンツ
テイルズ
ポケモン

カウンター

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ