【感想】ドラゴンボール超第126話「神をも超えろ! ベジータ捨て身の一撃!!」 - アニメ感想

【感想】ドラゴンボール超第126話「神をも超えろ! ベジータ捨て身の一撃!!」

tenです。

124話、125話と感想記事をお休みしてしまいました。
今回は『ドラゴンボール超』第126話の感想です。追記からご覧ください。
前々回124話 ディスポVS悟飯・フリーザ で悟飯とディスポが脱落。
前回125話、トッポへ立ち向かう17号とフリーザでしたがトッポが破壊の力を目覚めさせ
フリーザ、17号に重傷を負わせた所で次回へというところでした。

そして126話。
第7宇宙 は悟空、ベジータ、17号、フリーザ
第11宇宙 はジレン、覚醒トッポ
といったところで17号が果敢にトッポへ攻撃を仕掛けますがトッポの力は圧倒的。
真っ向勝負では太刀打ちできずフリーザと共に小技を駆使しますが
ここで悟空・ベジータを狙ったジレンの気功波が流れ弾となり17号とフリーザに激突。
初めてサバイバルっぽいと思ったよ
脱落とまでは行きませんでしたが手負いの二人はかなりのダメージに。
ここで ジレンへ向かっていたベジータがトッポへ応戦に!
ベジータVSトッポは大会中に少し相まみえていたので決着と言ったところでしょうか。
前回ジレンに追い詰められベジータは ブルー2 を覚醒させたので
その力を使った活躍を見せて欲しいと思っていた矢先にこの一戦。
とはいえ破壊の力を持ったトッポに少しずつ追い詰められるベジータでしたが

「正義、正義とのたまっていた貴様(トッポ)が全てを捨ててまで手に入れた力。
 そんな力に俺は負けるわけにはいかん!!」
「ブルマ、トランクス、ブラ、・・・キャベとの約束、そしてサイヤ人としての誇りがある。
 俺は貴様とは違う!!!」


と、自分とトッポの違いを見せつけるため気をためるベジータ。
ここで魔人ブウ編のベジータ自爆の回想が!!
熱すぎるぞ!かっこよすぎるぞベジータ!!!

自爆寸前にまで貯めた気を放出しベジータは覚醒したトッポを撃破!!
大金星です。やっとベジータの見せ場といったところでしょうか。
しかし残ったジレンはピンピン、残った悟空たちは疲労困憊…

ジレン
VS
悟空、ベジータ、17号


といった構図で次回へ続くようで…フリーザの姿が見えないのでまた何かひと悶着ありそう。

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ