未来を見られないから過去を見てみる - うつ病

未来を見られないから過去を見てみる

tenです。

2月になりました。 鬼は外!福は内! な季節です。
相変わらず自分のうつ病は悪化の一途ですが今回は前回ほど重くありません。
自分の鬱モードが発症するタイミングをまとめてみました。
 ・一人でいるとき
 ・お仕事で少しでも注意された
 ・夜電気を消してお布団に入った瞬間
 ・早朝に目覚めた時

とまぁ、なかなかの頻度で気持ちが沈んでいるわけなのですが
気持ちが上がるタイミングといえば 人と話している時酔っている時 という。
なので自分の朝はまず 酒飲みてえ から始まります。
朝型人間なので日雇いのお仕事は基本朝~夕方で働いているのですが
一日お仕事が終わるとそんなに酷使していないはずの体がすごい疲れます。
恐らく必要以上に気を張ってるんだろうなと思います。
自分が嫌われたり、のけ者にされるのを過剰に恐れ神経をたくさん使ってしまう。
だから小さな注意を一度でも受けると自分を全否定してしまう。
ネガティブなんて自分はもちろん誰も得をしないアレなのですが理屈じゃありません。
そうなっちまうんだなぁこれが。←

出勤日は鬱を我慢してなんとか就寝。
休日は昼からアルコール度数高めなお酒を飲んでぐったり。
次の日二日酔いでさらに自己嫌悪に陥りながら出勤。

こんなサイクルで働いています。
『一人でいると駄目になるのなら、人と居れば良いのでは?』
その通りなのですがいかんせん人が居ません。
少し前に携帯が故障してしまい作り直したのですが
他社で契約し直したため電話番号やメアドも変えてしまい連絡先も戻ってこず。
そんな時こそお得意のSNSを駆使しなさいよ、と思いましたが
そんな状態だからこそSNSで繋がりなんて持てないわけで。
極度に嫌われるのを恐れるあまり人に干渉できません。
さらに自分は人間的にペラッペラに薄く、それに感づかれるのも怖いので
相手から干渉されても一歩引いてしまいます。
どうしたもんかなあ。今すぐにでも安楽死したいなあ。

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ