今を生きる - うつ病

今を生きる

tenです。

今回は自分の病気に関して気の済むまで綴っている記事です。
自分が今患っている うつ病 とはいわば精神病の一つで
怪我や風邪のように症状が目に見える物ではないため判断が付きづらいそうで
学校で習いもしないので自分が患っていることに気づくまで時間がかかりました。

漠然とした不安状態が突然襲ってくるこの病気。
自分の場合は一度かかると2時間くらい悲しさから抜け出せなくなりました。
学生時代~2年前まで接客業をしていた時はお客、職場の方達と接している間は
普段通りに明るく接せられていたのですが、帰宅すると一気に地獄。
当時お付き合いしていた恋人さんにも色々と迷惑をかけてしまいました。
その人が自分のもとから離れて行ってからが本当に辛かったです。
ある職場では根性論で仕事を叩き込まされたり、
唯一経験していた接客の仕事をするために地元を出て名古屋へ一人行ったり…
今思えば、あの頃に病院へ行っていれば今ほど酷くはなってなかったと思います。
でも表向きの自分は明るく楽しく振る舞い、それも苦ではなかったので
その度に精神にダメージを受けていることに気づかなかったのだと思います。

そして接客業でもミスを重ね、続けるのが怖くなり一昨年の年末に退職。
今までの経験が全く通用しなかった事実に人生が嫌になりました。
どれだけ 井の中の蛙 だったんだろうなと。
それから色んな職場を経験しましたが精神状態はその頃からずっと不安定で
研修中に泣き崩れたり、夜勤で自律神経がおかしくなったり
自分の心はボロボロになってしまっていました。

でも健常者から見れば甘えだと思われるのでしょうね。
自分の日頃の行いが悪いと思うようにして、もう何にも期待していません。
今のこの国で生きている以上、楽に死ぬことすら許されない。
今がこんなに辛いのにこれを あと何十年も続けなきゃいけない らしいですよ。
クソ食らえだわ。

今回はこれくらいにしようかと思います。

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ